KIKKA WORKS

DIARY

作って、そして

日々の製作。
作るのが仕事です。
作らないことには始まりませんが、ただ作っているだけもいけません。

ものごとを推進して、かつ、着地させていくのが大事だなと感じます。

img_7088

img_7074

もう10月も20日。
年末が見えてきました。
着地できてないことが多くてそわそわする毎日です。

治具を駆使して

個人工房のキッカワークスには、最もシンプルな木工機械が一式並んでいます。
汎用機といって刃物が回るだけのものが多いですが、治具を駆使することて様々な加工が可能になります。

img_7373

img_7343

こんな使い方したら!と
新たな加工の仕方、より安全で効率のよい方法、を考えるのも加工の面白いところです。

十日町「分じろう」「十じろう」内覧会にて

先日、新潟の十日町に行ってきました。
今回はキッカワークスの家具を納品させた頂いた物件の内覧会です。

SOUのスタッキングチェアとスツール合わせて32台という数量は、キッカワークスとしては初めての物量でしたし、さらに、依頼頂いた物件の設計は、あの有名な青木淳建築計画事務所さん!
建築出身の身としては、まさかのご依頼に身の引き締まる思い、色々な意味で緊張して臨んだ大きな仕事になりました。

img_7096

img_7093

十日町にできた「分じろう」と「十じろう」という2つの施設。
施設の概要については、ぜひこちらをご覧ください。
http://bunshitsu01.strikingly.com/
http://bunshitsu02.strikingly.com/

地域や住民と一体となったプロジェクトのプロセスや、更新していくことを根幹においた建築や空間のあり方など、とても興味深く、
身体的特徴や嗜好・将来的な更新性などといった、個人的な思いを受け止めて、長く使ってもらえる家具を目指している我々にとって、とても学ぶことの多い建築でした。

 

今回納品させてもらったのは、スタッキングできる家具シリーズ「SOU」のチェアとスツールです。
このチェアとスツールは、「22×35mm断面の線材」と「半径1000mmで座刳られた曲面材」の2種類の断面形状のみ構成された、とても簡潔な椅子です。

座の下の材に施したアクセントカラーは、特注色で対応しています。
今回は施設のテーマカラーである赤を基準に、4色のグラデーションを指定頂きました。

dsc_0089

今回印象に残っているのは、問い合わせの段階からほとんど何も説明することなく実現に至ったことです。
普段は1つづつ特注製作で、提案しながらじっくりゆっくり進めているので、驚いてしまいました。
でも内覧会に参加して、木製のよいスタッキングチェアがなかなか無い、とわざわざ探してもらえたことが分かり、当たり前に理解してもらえたことにとても励まされました。

 

さらに嬉しいことに、このスタッキングチェアが今年のグッドデザイン賞を受賞することができました。
SOUスタッキングチェア:グッドデザイン賞受賞ページ

ちなみにグッドデザイン賞は2度目の受賞、2013年に「キツミ・ベビーチェア」で受賞しています。
キツミ・ベビーチェア:グッドデザイン受賞ページ

 

大きな物件への納品と受賞。
ちゃんとやってれば評価してもらえる!という少しの安心感と共に、しっかりと評価してもらえる場所まで届くように、もっともっと設計・製作に励んでいかなければと改めて感じました。

 

商品ページ
SOUスタッキングチェア
SOUスタッキングスツール

鏡台セット製作

ずーっとお待たせしてしまっている友人からのご依頼品。
新居に置く奥さまの鏡台セット。
新居は去年の年末に完成しているのに、、、

お待たせしすぎて申し訳ない限りですが、内容だけはしっかりいいものを追求して作っております!
それに今回はいろいろをやりたかったことにも挑戦させてもらっていて、やり甲斐のある内容です。

その1つは大きなアール型のコーナー。

img_6864

img_6867

img_6868

img_6912

強度や納まりなど、色々と悩みました。
特に組立て時の圧締方法が問題でしたが、、、
なんとかきれいに進められそうです。

そしてもう1つは革張りの仕上げ。
これはスツールの座面ですが、鏡台の引出し前板も革張り仕上げです。
木にピシッと革を張ることやコーナーの納め方など、木とは全く違う素材に苦労しましたが、
これもなんとか満足いく出来に。

img_6878

そしてもう1つは鏡台の折畳みの鏡。
これもなかなか難しい内容でしたが、これについてはまた次回にご紹介します。

それぞれ、またチャレンジしたい魅力的な手法を経験できました。

名市大での講義

先日、名古屋市立大学で開催された「デザイン領域の広がり」というテーマの講義の1コマを担当させてもらいました。
合計15コマの講義からいくつか受ければ単位がもらえる、という夏期の特別講義です。

授業のような講義なんてやったことがなく、はじめはご遠慮していたのですが、
気楽に自分の仕事を話してくださいということだったので、チャレンジしてみることにしました。

でも「自分の仕事」といってもなんとなくは話せますが、整理して伝わりやすくと考え始めると、
自分の頭の中の乱雑さを思い知るばかり、、、

どんなものを作っているのか、なぜそんなデザインにしたのか、なぜ木工を始めたのか、大切にしていること、
などなど、がんばっていることや話したいことがまとまりなく溢れてきます。

話せる内容までまとめるのは大変でしたが、
独立までと独立してからの「なんとなく」を、改めて自覚できたとてもいい機会でした。

img_7007

img_7008

講座自体はどうだったのか?学生さんに聞かないとわかりませんが、(手応えがない、、、)
何人か講義の後で話しにきてくれました。

90分も一方的に話すのは未知の世界でしたが、とてもいい経験になりました。
やっぱり先生は大変なお仕事ですね。

1 2 3 4 5 6 7 54

最近のエントリー