KIKKA WORKS

DIARY

シンプルだからこそ

キッカワークスを始める前に内装設計の仕事をしていたのですが、デザイン(設計)段階と実施された現実のインテリアとの「差」に苦労しました。
実際の空間をリアルに対象としているのですが、デザインした空間自体は施工されるまで確認できません。
その「差」を埋めるために、設計やデザインの質を高めるために図面やパース、模型といったツールを駆使する訳ですが、現実的な設計をし始めたばかりということもあり、なかなかその「差」に対して主体的な意識を持ちきれませんでした。

そこには実際に「造る」という意識が低かったからだな、と今では思います。

今では実際に「造る」しかも自分で作らなければならないという立場になって、その「差」が否応なく狭まりました。
家具を作り始めたばかりの頃は、パースや模型・原寸図・原寸試作を製作しても自信を持ちきれずに、恐る恐る製作していましたが、最近ではパースや図面で検討したまさに「そのもの」が実際に出来上がっていく感覚に出会うことが多くなりました。
ハラハラする緊張感が少なくなり、思った通りいく感覚に少し物足りなさを感じることもありますが、、、
そんな中でも良い意味で想定通りでないことの大きな1つは、「無垢材の力」です。

パースや図面、模型にしても、リアルなものを追求するのではなく、プロポーションや座り心地といったデザイン段階での検討できる程度のものを、決まるまでどんどん作り続けます。
なので実際の家具が完成するまでは、「質感」のないものを扱っているイメージ。
それが完成すると、カタチは同じでも丁寧に仕上げた無垢材の「質感」が付加された家具となって姿を現します。
それは想定と大きくことなる雰囲気をまとっていることも。

できあがって、思ったよりもずっといい!と内輪で自画自賛し合うことがたまーにあるのですが、そんな時はとてもシンプルなデザインの時が多いようです。
シンプルだからこそ、後は無垢材が勝手により良いものに昇華させてくれちゃいます。
家具職人は得な仕事です。

IMG_3488

IMG_3487

ケヤキの家具

ここ数ヶ月ずっとケヤキの家具の製作。
加工から少しずつ仕上げ段階に。
椅子の目処がいたので、テーブルの製作と仕上げ中、
テーブルも直径1100mmから1500mm、最後は直径2M!
これはさすがに運び辛いので、半割りで製作しています。

大物が続きますが、まだ最後に待ち受けているのが25Mのカウンター。
木曽檜で作ります。

物量の加工に慣れてきましたが、完成品や仕掛かりで工場が充満状態。。。
納品に向けてものの整理や置き場所の計画も、そろそろ始めなければ、、、

IMG_5774

IMG_8011

IMG_5865

IMG_7991

IMG_5843

IMG_5876

IMG_5882

IMG_6244

IMG_6280

明けましておめでとうございます。
今回の年末年始は量産中の加工にずっと取り組んていましたので、新しい年を向かえる準備も整わないまま新年らしさもなくなってしまいました。。。

これまでにない物量に圧倒されていますが、なんとか椅子が形になってきました。

IMG_5533

IMG_5776

IMG_5779

IMG_5839

まだまだ先は長いです。
今年も思いっきり仕事に向かえるよう、身体に気をつけて、準備を整えて、1つづつ確実に!

これまでにない連作

今年の春あたりから、これまでになく継続的に仕事をさせて頂いているお客さまがいます。
デスクのご注文から始まり、テレビボード、ダイニングセットと連続して、デザイン提案→製作→納品、そして次へという流れで、とてもありがたいペースで仕事をさせて頂いています。

こちらがデスク。
ご愛用のチェアに合わせて製作させて頂きました。

IMG_2358

IMG_2316

四方転びになった側面。
ここは製作的にはとても苦労した部分。
そこに引き出しもついていて、もちろん引き出しの形も不定形。。。

IMG_2336

IMG_2064

IMG_2344

こちらはシンプルなTVボード。
必要な機器を機能的に納めることを目的に、ちょっと遊び心で引き出しを組み込みました。
裏には配線がきれいに納まるルートと配線スペースを設けています。

IMG_2582

IMG_2587

IMG_2594

IMG_2610

取り付けにはちょっと苦労しましたが、、、
計画通り配線がすっきり、機器も無駄なく並びました。

IMG_2615

IMG_2620

そしてこちらも個性的な機能となったダイニングテーブル。
いつもは2〜3人、子供たちが帰って来たら5人で、と人数の変化に対応してスペースを有効に使えるよう折り畳みのテーブルとしました。

しかも畳み方がかなり個性的です。
こんなテーブルはきっと世の中にありません!

IMG_3451

IMG_3476

IMG_3489

IMG_3503

IMG_3510

いろいろと初めての試みで、大変なことも多いですが、挑戦させてもらえることがとってもありがたいです。
どう具現化しようか、とぐっと思い悩む時間が多いほど、それを形にできた時の喜びは何倍にもなって返ってきてくれます。

これまでの連作それぞれに思いが強すぎて、簡単にまとめられずずっと公開できずにいました。。。
とにかくまずは写真だけでも!と、やっとアップすることに。
それぞれに熟考した点についても、また機会があれば追記したいと思っています。

そして、次はリクライニング機能をもったソファ!
こちらももちろん新たなデザインのオーダーメイドになる予定です。

IMG_3520

繋がる世界

春からバタバタとした日々で、更新できないまますっかり時間が経ってしまいました。。。
今年はありがたいことに、オーダーメイドのご注文や内装規模のお仕事などをいくつか頂いていて、嬉しいのですがなかなか落ち着つかない日々。
ついつい筆不精になってしまいます。

設計したものの製作と新規のデザイン提案に追われながら、4月からがんばっている新人君のお尻もちょいちょいと押して、と大変ですがキッカワークスもやっと活気のある家具工房の様相になってきたようです。

5753126640_IMG_3055

最近ではHPやインスタなどを見てご注文頂けるお客様も増えてきましたが、やっぱり大多数が直接のお知り合いや、知り合いの知り合いといった繋がりのある方々。

独立した時に、
1年くらいは知り合いからの仕事(応援的な)でなんとかなるけど、2年目あたりからはそうはいかないから、初めの1年にどう先に繋げられるような仕事ができるかが大事だよ、
といったことをよく諸先輩方からアドバイスされました。

確かに初めは応援してくれる知り合いからの仕事ばかりでしたが、未だに知り合い関係に大変お世話になっているキッカワークス。。。
少し前までは、知り合い以上になかなか伸びていかない需要によく悩んでいました。
今でももちろん悩んでいますが、最近では「応援」ではなくちゃんと評価して注文もらえていることが実感できて、気持ちよく仕事をさせてもらっています。

「目の前の仕事に200%くらい費やしていけば、それがまた次に繋がっていく」という自信のなかった小さな信念に、少しづつ手応えを感じられるようになってきた気がしています。

 

そんな思いで仕事をしていると、ある本で素敵な言葉に出会いました。
「六次の隔たり」
全ての人や物事は6ステップ以内で繋がっていて、友達の友達…を介して世界中の人々と間接的な知り合いになることができる、という仮説
恥ずかしながらこれまで知らなかった。。。

あくまでも仮説なんだと思いますが、考え方として今の僕たちにとても力になってくれる言葉です。

影響力のある物事を起こしたり、器用に自分たちのことをプレゼンテーションしたり、といったことが思うようにできませんが、1つづつの仕事に真剣に対峙していけば、時間はかかるけどどこかで広がりのある世界につながるかもしれない。

そんな思いで今日も木を削りました。

IMG_3017 (1)

IMG_3133

1 2 3 4 36

最近のエントリー