KIKKA WORKS

DIARY

カフェ「CONVIER」オープンしています

内装から家具から、すべてキッカワークスでやらせて頂いた一社のカフェ「CONVIER」(コンヴィエ)

施工や製作の様子をアップする暇もなく、すでにオープンしています。。。

MYBO2911

IMG_0217

色々と大変だったのですが、できてしまうとなんだか忘れてしまいますね。
ですが、まだ未完!
第2期工事として、外部周りや家具など更新していきます。

ハード・ソフトともに不安を抱えた2ヶ月半でしたが、とにかくオープンできて、お客様が食事している景色をみて、オーナーの長尾さんが立ち回っている姿をみて、感無量。
今回はとても感慨深い仕事になりました。
本当にオーナー長尾さんと二人三脚で作ったお店、料理もとてもとても美味しいですし、ぜひ一度お店に足を運んで頂きたいです!

コンヴィエ
〒465-0093 名古屋市名東区一社1-33
TEL 052-715-6780 FAX 052-715-6781
http://www.cafe-convier.com

TPチェア 特注バージョン

今回キッカワークスのダイニングチェア「TPチェア」を特注バージョンで製作しました。
以前ナディアパーク4階にあるループさんにてキッカワークスの商品を見て頂いたお客様で、その後に工房まで遊びに来てくれたご夫婦です。
その時は木工や木に対する話で盛り上がり、色漆の取手がアクセントになったまな板を購入頂きました。

そのご夫婦からうれしい特注製作のお問合せ。
実際に商品を見て、使ってもらい、そして必要になった時に次のご依頼をもらえること、こんな風にお客様の生活とつながっていけることが一番うれしいことです。

今回はTPチェアを樹種やファブリックを色々と吟味してもらい、これまでにない2種類の樹種を組合せたバージョンとなりました。
遠方(山口県)ということで、お会いして打合せとはいきませんでしたが、メールやサンプルを送ってじっくり検討を進めました。

いつも心掛けていることですが、長い時間お待ち頂きせっかく受注生産で製作するので、製作の流れやデザインや仕様の検討など「ものづくり」の過程もできるだけ楽しんでもらいたいと思っています。
それが個人工房にしができない大切な「強み」です!

IMG_9535

IMG_9547

IMG_9572

DSC_0110

樹種の組合せやファブリックだけでなく、納まりやディテールのデザインも少しづつ更新しています。
家具は道具ですが、生活のとても近くに存在するもの。
吟味して製作して、と完成までに短くない「時間」を過ごしてもらうことは、愛着をもって長く使ってもらえることに少なからざる影響があるはず!と職人としては思いたいところです。
物事には適切な”時間”が必要です。

アナログなキーケース

随分と前にご依頼頂いたキーケース。
いつでもいいので!と優しいお言葉に甘えて気づけば1年以上。。。
雑貨などの小さなものでも、ただ作るだけではせっかくキッカワークスにご依頼頂けた思いに応えられません。
そんな思いで合間合間で検討や試作を繰り返して、納得できるものを!といつものペースで進めるとやはり時間が想像以上に。。。

木でキーケースを、というだけでとてもイレギュラーなこと。
わざわざ木で作る意義や、ラフに使っても壊れない構造、そして使いやすさ、など悩みポイントが多くて実際簡単にはカタチになりませんでした。
悩んだ末のこのカタチ。

IMG_8900

IMG_8163

IMG_8164

IMG_8220

アナログキーのみの対応ですし、まったく時代にあっていませんが、ローテクなものがお好きな方や他にないものをお探しの方にはお勧めできるかなと思っています。
私も開く感覚が気に入って年明けから使っています。

数種類の樹種で部品製作しています。
気になった方は問合せフォームより連絡お待ちしています〜

ウォルナットの文庫本棚

めっきり更新できず、、、
いろいろ作って、検討して、手配して、打合せして、と忙しくしていたらもう2月も中旬になっていました。

いろいろ作った中の1つをご紹介。
ウォルナットで製作した文庫本専用の本棚です。

IMG_8329

IMG_8332

IMG_9048

シンプルですがウォルナットの存在感が引き立って、男の家具!といった佇まいになったかと。
ソファの傍に置いて、愛読の文庫本が並べられるようです。

IMG_8360

この写真、左はシナのランバーコア、そして右が今回製作したウォルナット。
シナのものは試作かと思われそうですが、実はこれは私が大学生の時に製作した家具なんです。
今回は3案ほど提案した中からシンプルなこのカタチを選んで頂き、たまたま同じデザインになった2つの家具。
2つの間には15年ほどの時間的距離があって、その間にあったことを振り返ってしみじみとしてしまいました。

似ているようでまったく違う家具、そこにこの15年間遠回りしながら家具作りの道にたどり着いた痕跡を感じます。

お客様に直接依頼してもらい、ご提案して、時間をかけて製作して、そして喜んでもらえる。
とても難しいことですが、全ての段階を自分で納得できるやり方で進めたくてこの道に入りました。

まだまだですが、ここまでの回り道も無駄ではなかったなと最近認められるようになってきたかな。
とってもやり甲斐のある仕事です。

キツミ・ベビーチェア納品

8脚製作してきましたが、まずは納品の2脚を先行で仕上げ・組立てを進めました。
塗装を終えた本体と部品たち。
可動部の多いこの椅子は部品数も多く、塗装後に金物を取付けて、やっと完成します。

img_7836

今回はブルーのグラデーション。

img_8329

img_8372

グラデーションカラーについては、基準のグラデーションを4パターン設定しています。
カラフルな着色バージョンのご注文が多いですが、本体と同じクリア仕上げのブロックも渋くていいですよ。
もちろん木目も繋がって加工しているので、派手さのないしっとりとした木工品をお求めの方にはオススメです。

img_8135

1 2 3 4 7